読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

F25

車の自動運転とエンターテインメント業界

f:id:miss_j:20160814022819j:plain

日産のCM(http://www.nissan.co.jp/BRAND/SP/)を見て驚いた。車の自動運転は、一部とはいえもう実用化したのか。すごいことだ。
いきなり一般車に搭載して大丈夫なのか?安全性は?事故を起こした時の法律は?などなど、大丈夫?問題ない?と心配に思うこともあるが、そんなことを言っていたら何も始まらないのだろう。自動ブレーキや駐車アシスト機能はすでに実用化されていることだし。
いや、実際のところ、本当に楽しみだ。どうやら、知らないうちに未来は近づいていたらしい。ワクワクする。

メディアでは自動運転が取り上げられることが多くなったし、技術の進歩やそれらによって生まれる影響について、よく議論されている。では、私のいるエンターテインメント業界では何が起きるのだろうか。どんな変化が待っている?

 こういった新しい技術は、エンタメとは関係ないと思われるかもしれない。だがドローンは既に撮影現場で使われているし、映画で使われるCGや3Dの技術は最先端のものだ。カメラ用のレールを引かなくていいので、セグウェイに乗って撮影する人も出ているらしい。エンタメ業界のいいところは、新しいものを比較的柔軟に取り入れるところなのだ。(とはいえ、映像系以外はそこまでは早くはないのだが。)

自動運転は、エンタメ業界にも安全性をもたらしてくれそうだ。例えば、映画やテレビドラマの撮影の際、カースタントで採用したらどうだろう。

車同士がギリギリまで近づいてカーチェイスするシーンや、クラッシュして爆発するシーンを思い出してほしい。迫力があってアクションには欠かせないものだが、現在は生身の人間が行なっているため、常に危険がつきまとう。撮影中にスタントマンが怪我をしたというニュースは、ちょこちょこ耳にするのだ。

だが、撮影に自動運転の車を使えば、そのようなスタントによる事故がなくなる。車同士をギリギリまで幅寄せして走らせたり、ドリフトさせたり、最終的にぶつけて爆発させたり。人が行うと危ないシーンも、危険なく撮影することができる。
また、誰が乗っても同じように走らせることができるため、スタントマンを使わず、そのまま俳優自身で役を演じることが可能だ。
もちろん、使うとすれば、人間が乗らなくても操作できる車か、正確に決められた動きで走る車なので、
人間が乗りつつ他の車や障害物とぶつからないように自動で走らせるという、本来自動運転が目指す姿ではないのかもしれないが。

また、もし車以外にも自動運転が導入できるとすれば、飛行機やヘリコプターのスタントだろうか。(これは費用がかかりすぎるだろうが…。)

 または、人間以外が車を走らせているようにも見せられる。人間の代わりに犬を運転席に座らせたら?動物が出てくるコメディー映画にも使えそうだ。

f:id:miss_j:20160814030024j:plain

これに対して、スタントマンの職を奪うという考えもある。だがそれはどの職に関しても同じだろう。人間は新しい技術を取り入れることで生活を豊かにしてきた。その過程では無数の職業が生まれては消えて行ったはずだ。失われると同時に生まれる職もあるのだから、一概に悪いとは言えない。技術が浸透すれば、エンタメ業界にも自動運転の技術者が必要となる。(「こういう動きはクールだが、こういう動きは自動運転っぽい」などを話すのだろうか、と想像すると面白い。)そして何より人の安全が守られるのだ。命に変わるものはない。


  その他考えられるのは、テーマパークなどのアトラクションだろうか。自動運転できる乗り物は、レールの上で動く園内のトロッコ列車やジェットコースターなどと代用できる。線路を引く必要がないので、日替わりでコースを変えられるし、園内の混雑状況によって通過ポイントを変更してもいい。シンプルに園内移動用の車もいいと思う。


(書いていて思ったのだが、こういうのは、自動運転というより、外部操作というべきか。というか、限られた条件の中で走らせるのであれば、両方が必要だ。自動運転で事故が起きないよう車を走らせつつ、ある動作を組み込んでいく。となれば、なんらかの方法で、自分以外の者が操作できるようになると怖い。自動車とコンピューターは、合わさると夢のような発展を遂げるが、セキュリティがしっかりしていないと悪夢になりそうだ。)


 いずれにせよ、限られた状況下で使用する自動運転車があっても良い気がする。エンタメ業界用の自動運転車だ。
 良い点としては、一般使用ではないので、そこまで多様な環境に適応させる必要がないこと、
そして悪い点は、一般使用ではないので、欲しいと思う人が限られ、誰も作りたがらないことだろうか。

うーん、技術が確立すれば、CGより安いだろうし、アクションがなくならない限り需要はあるだろうから、いいと思うのだけれど。しばらくは無理だろうか。